遊びがいのある地球に生まれたね

なちこの頭の中を表現する場所。タイトルはいちおう短歌の上の句です。下の句は考え中です。

京都だけ? 6月に食べる和菓子「水無月」

この時期になると、やたらと食べたくなる和菓子、「水無月」。

関東に住んでた時は、見たことも聞いたこともなかった!

京都に来てから初めて知って、食べた!

どうやら、このへんでしか出回らないローカルな食べ物らしいです。

 

f:id:Nachico:20170627220808j:image

食べたこと、ありますかー?

三角形のういろうの上に、甘く煮た小豆がのってます。

白いのがスタンダードで、抹茶バージョンもよく見かける。

私はもちもちした食べ物が好きなので、とても好み♡ 

 

f:id:Nachico:20170627223205j:plain

水無月」という名前どおり、この和菓子は旧暦6月に食べる慣わしがあったそうで、まぁ詳しくは、興味のある方はググってもらえたらいいんだけど、

参考↓

新暦になった今でも、6月になるとみんな「水無月」を食べるみたいです。

正確には、年の前半の終わりである6月30日の「夏越の祓(なごしのはらえ)」という神事(歳時?)の時に食べる食べ物みたいですねー。

 

とにかく京都では、5月の終わりくらいからどこの和菓子屋でも出始めて、
6月の終わり(つまり今)には、デパートに出張販売のカートが設営されるくらいのTHE・季節物

冬至のかぼちゃ」くらい、食べとかなあかんやつですなw

 

ういろうが黒糖バージョンのもあり、私はこれが一番好きです。
f:id:Nachico:20170627220917j:image

お店によって、ういろうの甘さや固さ、上にのってる小豆の大きさなんかもちょっとずつ違うので、いくつか食べ比べて、お気に入りを見つけるもよろし♡

 

6月に京都に来る機会のある方は、ぜひとも食べてもらいたい一品です!

 

乾物食材や調味料の新陳代謝(消費のペース)

乾物食材や調味料の新陳代謝って、
みなさんどのくらいなんでしょーかねー?

f:id:Nachico:20170627214731j:plain

動物のお医者さん』の小夜ちゃんばりに「片付け魔」な私wは、
すでに封が切られた食材って、とっとと使い切りたくなってしまうんですよねー。

 

とは言え、一人暮らしだし、
そもそも乾物やら調味料なんかそんなにすぐ使い切るようなもんでもないし、
使い切ったところで、また同じのを買ってくることもわかってるのに、

「終わったー。すっきりー」が味わいたいのか知らんけど、
なぜか、早く使い切りたくてウズウズしてしまう。

 

実家の台所には、使い切ってもらえないまま、とうの昔に賞味期限を迎えた残り物ばかりが溜まってたから(もはや食材とはそういう使い方をするものなのかと思い込みそうになるくらい!)、それを見ていた反動なんでしょうかね・・・?

 

冷蔵庫を持たない生活をしてるのも、たぶん「とっとと使い切るから」っていう性分が関係していると思う。

冷蔵庫に入れて保存するような食材や調味料でも、使い始めてるものだったら、早く使い切りたくてしょうがないのね。

(今これ書いてて、我ながら何故そこまで・・・^^;って思うけどw)

だから、必要なときにそれを出す、ってよりも、それを使うためのメニューを考える、みたいなことが起こりがちで(マヨネーズとおたふくソースが残ってるから今日もお好み焼きにする!みたいな)、
でもそれって、なんか不自然っていうか、本当はその時その時の食べたいと思ったものを食べるのが好きなのに、今手元にある食材や調味料に影響されて、なんかその「今何が食べたいか」を感じるのをおろそかにしてるみたいで、イヤだったのだーーー!

 

冷蔵庫の中に、いつ買ったかわからない食材とか、いつ作ったか忘れたおかずの残りとかがたくさん入ってるのも嫌だから(これは完全に実家がそうだったので、その反動)、冷蔵庫を持っていた時も、できるだけ残さないように買ったり使ったりするようにしていて、そうすると、常に冷蔵庫がスカスカ、みたいなことになるんですよ。

そうなると、もう「これって、24時間電気使ってこのスペース冷やしてる意味あんのかな?」みたいになってきて(冬場は特に、ほとんどの食材が冷蔵庫に入れなくても大丈夫だし。しょっちゅうコンセント抜いてたよ!)、そこにたまたま友人が「Airbnb始めました!小さい冷蔵庫誰かください!」みたいなことFacebookで言ってたんで、「へー!じゃあ、あげるよ!」って感じで、思い切って手放すことにしたんでした。

 

「冷蔵庫なし生活のコツ」にも書いたけど、

夏場でも、スーパーで買い物をした時に、保冷用の氷をある程度もらってきて、その氷と一緒にクーラーバッグに入れておいたら、一晩なら、熱帯夜だったとしても傷まずにもつしね。

あとは、基本は、「食べたい時に、食べたい分だけ、食べたいものを入手する」。

これです。

近所のスーパーが、MY冷蔵庫です^^

 

おっと! 話がずれた。

乾物の話でした。

今回、失業して、まーここんとこ約1ヶ月半くらい、1日あたり260円しか使えない縛り(固定費は除く。玄米は備蓄がある)の貧乏ごっこwをする機会を得たんですが、それを経験したことで、以前買った乾物食材とかがけっこう片付きましてん!

これが、割と氣持ちがよかった!

何しろ、買い物に行ったところで変える食材が限られてるので、ちょっとさみしくなりがちなメニューに彩りを添えるには、失業する前に買ってあった食材=乾物系をちょいと加える、みたいな解決法しかなくてね!

基本的に、玄米ごはん&味噌汁なので、出汁をとるための椎茸やら昆布やら鰹節やらはバンバン減ってくしね!

あとは、家にいる時間が多いので、何かと飲みたくなったりして、ティーバッグ系も消費。

 

 この期間に、空けたもの

・干し椎茸

・きなこ

・乾燥わかめ

・焼きのり

・マヤナッツコーヒー(買ってみたはいいが、私あんまりコーヒー飲まない人だからめっちゃ残ってたのが、この機会を利用してガブガブ飲んだ!)

・紅茶(宇治の有機和紅茶)

・黒豆よもぎ茶

ホットケーキミックス

 

そして、現在残ってるもの

かつおの削り節

・とろろ昆布

・角切り昆布(もうだいぶ少ない・・・)

・粉寒天

・ベーキングパウダー(アルミニウムフリー)

 ・実家の自家製梅干

 

だいぶ乾物用の引き出しがスッキリした!・・・のはいいものの、
このまま1日260円生活を続けるとなると、ちょっとバリエーション少なくなってきてキビしーのではー・・・!?

と、思ってたところで、次のお志事が決まりましたー(○´▽`○)エヘー

 

とは言え、お給料出るのは1ヶ月半後!

ということは、まだしばらく貧乏ごっこwは続く!

というわけで、みなさま!

よかったら、乾物、送ってくらさい♡笑

って、オチでしたw

醤油とごま油も、お待ちしております♡

あと、オーブンないんだけど、ベーキングパウダーを消費するアイデアがあったら、ぜひ教えてほしい~!(圧力鍋でケーキとか焼けるのかしら!?)

 

※「ほしい物リスト」、公開したつもりでいたんだけど、リンク先が間違ってたみたいで、自分のリストに跳べるようになってませんでした!

修正しました!

 

「な」のことだま

『ことだま50音 「名前」占い』っていう本がありまして、

ことだま50音「名前」占い

ことだま50音「名前」占い

 

友人の友人でもある水蓮さんて方が書いてるんですけど、これがおもしろい!

 

いわゆる画数とかでみる姓名判断とは違って、名前の「音(おん)」から、その人の「使命・役割」をひも解く、新しい姓名判断。

「あ」から「ん」まで、ひらがな50音のひとつひとつに、それぞれ意味があり、「ことだま」が宿ってるだって。

著者は、5000名以上の名前を鑑定して(2014年時点)、「名前」という「特定の音」で呼ばれ続けているうちに、その音の持つ「ことだま」の働きが「使命・役割」として目覚める、という結論に達したそうな。

 

そのエッセンスは、こちらのブログからも味わえます。

無料ことだま50音「名前」占い|水蓮オフィシャルブログ「ことだまの法則」

私も、最初はたまたまこのブログを発見して、「何これ!すごい当たってる!」と思って面白くなって、本を購入したんでした(友達の友達だとわかったのは、その後!うれしかった!)

自分の友達の名前と顔を思い浮かべながら読んでいくと、これがめっちゃ面白いんだわ!「わかるわかる!当たってるー!」みたいなのと、「へー!もしかしてそういう面もあるんだー」みたいなので。

 

なんで今日この話を書こうと思ったかというと、昨日の記事で、私の性質について少し書いたからなんだよね。

昨日の記事これ↓

転職サイトに登録したりする中で、自分の強みや性格を判断してくれるツールを何個か試したけど、

やっぱり私は「慎重派」だし、「計画的(段取り)」の人だとわかったんだよねー。

「用意周到」とも言えるかもしれない。「有言実行」もあるかな?

安全地帯で、隅々まで検討し、微に入り細に入り準備をして、いろんなパターンに対応できるように想定をした上で、満を持してリリースする・・・!

そんな人だもの。

 これって、まさに「な」の音の「ことだま」だよなぁ~と、今朝改めて思ったのですよ。

 

「な」ー 完璧を求める繊細な人

エレメント:火

シンボル:七重の塔

イメージ:成し遂げる

「な」のことだまの特徴

 完璧主義。努力家。理想が高い。「なぁなぁ」が苦手なしっかり者。

「な」の白キャラ
 「な」のことだまをもつ人は、物事を完成させる力を持っている人です。興味のあることや、人に頼まれたことに集中して取り組み、完璧に成し遂げます。理想が高く、自立しています。協調して物事に取り組むよりは、一人でじっくりと深めていくタイプです。責任感がとても強い人です。

「な」の黒キャラ
 一人で何でも抱え込んでしまいます。繊細で傷つきやすく、警戒心が強い面があります。「完璧」にこだわりすぎて、やる気をなくすことも。中途半端が苦手です。

「意地を張らずに素直になること」が、「な」のことだまを持つ人の開運のコツ。

 

どうよ!これ! まさに私!って感じじゃないっすか!?

「完璧」にこだわりすぎて、やる気をなくすことも」とかwww

 

「責任感が強いね」は、すごくよく言われます。「仕事がすごく丁寧だね」も。

取り組み始めた物事(例えば何かの資料作成とか)は、やるからには自分のイメージするベストの形まで持っていきたいし(もちろん締切には間に合わせつつ)、「ま、このくらいでいっか」ってなかなか思えない。
途中で疲れてきて、「は!」と気付いて、そこからは「まぁ・・・このくらいでも・・・」って思うように努力するようにはなってきましたが。デフォルトでは、思いつきもしないんだよねーw

「協調して物事に取り組むよりは、一人でじっくりと深めていくタイプです」も!
そうそう!! 激しく肯く。

自分でも、職人タイプだなーと思います。

小説家には、向いてるかな!?^^

 

このブログを始める時に、

できるだけ、「いい文章を書こうとしない」ことをがんばろうかなと思います(笑)。

思いついたまま書いて、あんまりチェックしないでアップする、みたいな。

なぜそうしたいのかは、また今度書きますね。

って書いたんだけど、それがまさに、こういう性質のデメリットを減らしたいからっていう気持ちなんだよね。

心屋ぢんさんは、「ツイッターかよ」ってツッコみたくなるくらい、軽やかにブログをアップする。誤字脱字もそのまんま。長くても短くても、書いた後に読み返してすらいない感じ。

それって、私にとっては「ありえない!」だった。
と同時に、たぶん憧れもあったし、「え!?それでもいいんだ!?」みたいな目からウロコ感が。

 

なので、最近は「自分の基準で、60点取れてればOK!」って思うようにしてます。

そうじゃないと、エンドレスで推敲とかし始めるんでw

しかも、そういう態度が素晴らしいと思い込んでる節があるんでwww

終わった時にはクタクタだよ^^;

 

何も意識しないでいると、「100点を取るために120点の準備をして頑張り、結果は80点で、周りからは褒められるのに、自分ではたいそう不満足」みたいなことになりがちなので・・・(苦笑)。

ええ、学生時代からそうです^^;

それで得たものもたくさんあるけどね!

失ったものもたくさんあると思うので(しかも損したことに気付いてすらいなかったりして)、これからはバランスよくいきたいなーと思っています。