遊びがいのある地球に生まれたね

なちこの頭の中を表現する場所。タイトルはいちおう短歌の上の句です。下の句は考え中です。

恋人できたシリーズ(番外編) 全部、たまたまです。

 

シリーズ目次記事はこちら

 

シリーズで

「ずっと恋人がいなかった私が、

 大好きな恋人ができるまでの間に実はしてた(影響を受けてた)15のこと」

を書いてます。(各記事へのリンクは、シリーズ目次記事にあるよ!)

 

「参考になるよ~」とか「勉強になります!」って言ってくれる人もいて、書くモチベーション上がるって意味ではめっちゃありがたいけど、

 

別に、参考にしなくてもいいからね~(^o^)  してもいいけどw

 

「恋人欲しいならこんなことしてみなよ~」と言うつもりは全っ然なくて、

「そういや、こんなことしてたなぁ」

「あ、てか、あれも意識してたやん!」みたいな感じで、

過去の自分がどんな風に過ごしてたかを振り返って残しておくのが面白いなぁと思って書いてるんだよね。

(ブロガーってのは、自分に関することは何でも書かずにいられない人種なのよさ)

 

だから、

「これをしたから、こうなったんだよ!」っていうつもりも全くなくて、

なんでかっていうと、

恋人ができたのは、

たまたまだから、です(笑)。

たまたま [DVD]

※画像は記事内容と関係ありませんw

 

なんか知らんけど、できただけなのです^^

 

 

「たまたま」も「なんか知らんけど」も、

ぢんさんの言葉を言葉を使って説明するとわかりやすいから、使ってるんだけど、

もうちょい詳しく知りたい人は、例えばこの記事なんかを読んでみてー!

罪悪感のくだりとか、マジ目から鱗だから。

 

だって、世の中を見渡すと、

容姿の良し悪しに関わらずパートナーがいる人はいるし、

めんちゃメンヘラでも、めっちゃ性格悪くても、結婚してる人もいるし、

すごく太ってても、すごく痩せてても、恋人が途切れない人だっているし、

ポンコツなのに周りの人からすごく好かれてる人もいるし、

だらしがなくても長年同棲してる人もいる。

 

恋人がほしくて、そのために何か(婚活とか縁結び祈願とか自分磨きとか)を頑張ってる人でも、恋人ができることもあればできないこともある。

恋人がほしいけど、そのために何も頑張ってない人でも、恋人ができることもあればできないこともある。

恋人がほしいと思ってない人でも、恋人ができることもあればできないこともあるw

 

だから、「私は〇〇だから、恋人ができないんだ・・・」って、

全部思い込みなんだよね。

ということは、「私は〇〇だから、恋人ができたんだ!」も、

全部思い込みなのよ。

 

パートナーシップって、何かに対する報酬とかご褒美とかじゃなくて、何かの結果じゃなくて、ただ単に、「それを通して成長するための、ひとつの方法」みたいなもんなんだと思う。

「悩み」を使って成長したい人は、恋人ができても、結婚しても、子どもができても、何かしらまた新しい悩みを抱えるんだってさー。

 

 

 

何か求める結果のために、原因となる努力をしなくても、ただ人生楽しんでれば、なんか知らんけど結果は出るらしい。

結果が期待した通りじゃなくても、「今この瞬間」幸せであるように意識して生きてれば、いつだって、幸せに決まってる。

 

「極めて順調です。ただ、思い通りでないだけです。」

 

 

全部、だいじょうぶなんだよね^^