遊びがいのある地球に生まれたね

なちこの頭の中を表現する場所。タイトルはいちおう短歌の上の句です。下の句は考え中です。

【定点観測】いまの私 20170722

今の自分を書いておく。

 

前回の定点観測から、1ヶ月以上も経ってしまった・・・!

 

けど、「書きたい」「今日こそ書こう」ってずっと思ってはいたから、
今の気分は「やっと書けてるーーー!!!」って感じ。

 

また図書館で働き始めて、半月くらい経った。

採用されて、働くことを決めた時は、「やっぱり私、もう少し司書の仕事したいって思ってたんだなぁ・・・」とか感慨深く思ったけど、半月(実質出勤日は8日)で既に「もう司書の仕事はいいかな・・・(経験したかったことは十分経験したかな・・・)」とか思い始めてる私・・・(笑)。

飽きるの早すぎかよ!!

マンガの司書は、一生の仕事にしてもいいかもって思えるくらいのモチベーションがあったけど、そうじゃない別のテーマの専門図書館となると、これほどまでに興味が湧かないとは。

今の図書館でも、「仕事をしていく中で、いろいろできることが増えたら、得るものはあるな」ってもちろん思うよ?
だけど、「できないよりはできた方がいい」とか「興味ないけど得だからもらっておこう」みたいな価値観には、どんどん興味がなくなってるのだ。

自分の中から湧いてくる、ときめくものばっかりを、追いかけて生きたいよな~。

とは言え、「思い通りにいかない→いろいろ悩んだり苦労する→思い通りを手に入れた時の喜びが増す」みたいな、この人生ゲームの醍醐味?も、どうやら私の魂は嫌いじゃないみたいなので、しばらく淡々とライスワークとして続けていきますが。

自分の気持ちを観察しつつ。

大して苦労なくできることでお金もらえるのは、ありがたいしね。

 

生活費の不安がなくなったら、なんかやっぱり氣は楽になった。

やっぱりずっと氣を張ってたなーと思った。

したいことだけする人生にするとか、仕事と遊びの境界線を薄くしていくってことについては、まだまだ目指すところは遠いように感じていて、試してみたいことや、すごくゆっくり準備を進めていること、やりたいやりたいと思いながらもできてないことなど、たくさんある。

そういう意味では、将来に対する不安もあるし、まだまだ課題もあって、十分満足しているとは言えない。

だけど、今の私はすっごい幸せだなーと思う。

切羽詰った心配とか、抱えきれない問題は、何もないし。
大切な人と、なんてことない日常を大事に過ごせてる感じがして、呼吸が楽だ。

毎日、「今日こそやろうと思ってたのに!」と思いながらもできなかったこともけっこうあるんだけど、それだって、たぶん自分がそれを問題だと思ってるだけで、思わなかったら別に問題じゃないのだ。

「自分に見合った課題があるってのは、実は幸せなことなんじゃないか?」とも思うしねー。

 

「極めて順調です。ただ、思い通りではないだけです。」って言葉が、よく思い出される。

 

あと、イケハヤの
「そんな夢、さっさと叶えて、とっとと次に進もうぜ!」ってのも。

 

ライターの仕事が本格的に始まろうとしてる。

楽しみ半分、ドキドキ(ほんとにちゃんとできんのかな・・・?)半分。

やるっきゃないっていう状況になってることはありがたいし、
やってやるぜ!って思えるくらいのフィールドが用意されてるのもありがたい。

 

好きな人と一緒に暮らすってことが、だんだん現実味を帯びてきてる。

楽しみ半分、ドキドキ(ほんとにちゃんと暮らせんのかな・・・?私・・・)半分。

シェアハウスやゲストハウスで暮らしたことはあって、誰かと一緒に住むこと自体に抵抗があるわけじゃないけど、今までのそれは全部、一定の期間限定だった。

ずっと一緒に暮らしてくって、けっこう挑戦だよなぁ。

でも、やりがいのある挑戦。

 

小説を少しずつ書いていくことを習慣にできる状態が、少しずつ近づいてきてるのを感じる。

なんでそうなのか、こまごました理由はいろいろあるけど、総合的には「なんか知らんけど」(byぢんさん)だなぁと思う。

書きたいのに書けてない時間は、自分からしてみれば「情けない、サボってる」ような時間だとずっと思ってきたけど、
実のところは(・・・って、誰が証明してくれるわけでもないのだけど)、水面下で何かが起こってるというか・・・書くために必要なものを蓄えていたり(柔軟な精神力だとか、以前は持っていなかった知識だとか)、書くために必要なある状態になるの待ちだったり(経験値が溜まるまでとか)、そういう見えない部分で、準備は着々と進んでるのかも、とか思ったりする。

自分を責めないパターンの考え方ね。

 

小商いに興味出てきた。

↓これも読んだし。

「小商い」で自由にくらす (房総いすみのDIYな働き方)

「小商い」で自由にくらす (房総いすみのDIYな働き方)

 

 

月経カップ使い始めてみた。

すごく面白い。

また、詳しくは改めて書きます。