遊びがいのある地球に生まれたね

なちこの頭の中を表現する場所。タイトルはいちおう短歌の上の句です。下の句は考え中です。

京都だけ? 6月に食べる和菓子「水無月」

この時期になると、やたらと食べたくなる和菓子、「水無月」。

関東に住んでた時は、見たことも聞いたこともなかった!

京都に来てから初めて知って、食べた!

どうやら、このへんでしか出回らないローカルな食べ物らしいです。

 

f:id:Nachico:20170627220808j:image

食べたこと、ありますかー?

三角形のういろうの上に、甘く煮た小豆がのってます。

白いのがスタンダードで、抹茶バージョンもよく見かける。

私はもちもちした食べ物が好きなので、とても好み♡ 

 

f:id:Nachico:20170627223205j:plain

水無月」という名前どおり、この和菓子は旧暦6月に食べる慣わしがあったそうで、まぁ詳しくは、興味のある方はググってもらえたらいいんだけど、

参考↓

新暦になった今でも、6月になるとみんな「水無月」を食べるみたいです。

正確には、年の前半の終わりである6月30日の「夏越の祓(なごしのはらえ)」という神事(歳時?)の時に食べる食べ物みたいですねー。

 

とにかく京都では、5月の終わりくらいからどこの和菓子屋でも出始めて、
6月の終わり(つまり今)には、デパートに出張販売のカートが設営されるくらいのTHE・季節物

冬至のかぼちゃ」くらい、食べとかなあかんやつですなw

 

ういろうが黒糖バージョンのもあり、私はこれが一番好きです。
f:id:Nachico:20170627220917j:image

お店によって、ういろうの甘さや固さ、上にのってる小豆の大きさなんかもちょっとずつ違うので、いくつか食べ比べて、お気に入りを見つけるもよろし♡

 

6月に京都に来る機会のある方は、ぜひとも食べてもらいたい一品です!